いかに人から耳にしたような書物に記されているみたいなここが一番とされる場所にしても毎日手を合わせられない…。

今日まで葬儀業界を仲裁にお寺と大衆はやっとのことで接点を持ってきたが、その葬儀のことに関しても、お寺離れが始まった。現在では墓石の製作工程の大きな進歩により形の自由度が、非常に躍進し、個人の墓石を、自分で構想する事が、出…

ご自宅で身内だけの法事をされる時戒名だけでなく故人様の名前のほうが心にしっくりくるとしたらそれはそれでかまわないのでは…。

法事参加の方々に心を浄化し仏陀の御前に仏になられた往生人をお迎えし、更に声をかけて、お参りするものであります。終活と言われるのは残りの暮らしを『どんな感じに生きたいか』と考えられる望みを実施すること、余生の終わりに向かっ…

初めて葬儀を実行する人は不信感が多いと言えますがお葬式は死ぬまでに数回も執り行うことではないから…。

穏やかにこじんまりと葬式を考えていながらも高価で派手な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や…

当事者・家族・仕事先ご近所での活動・ご友人・趣味の活動などを詳細に調べ相応しい助言と…。

最近では墓石の作成技術のかなりの向上によりデザインの柔軟性が、激しく高くなり、ご自身の墓石を、個人で設計する事が、出来ることになったわけです。近年坊主などは葬儀式や仏事でお経を読む人という心象が強いですが、長年先生とはお…

葬儀の動きや行うべき点と言えるのは葬儀業者が教えてくれますしご遺族の挨拶も定型文があるので…。

先祖代々に対しての供養となっているので身内たちで遂行する事が、最良だと思いますが、それぞれの都合で、する事が無理なケースには、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨て…