ご自宅で身内だけの法事をされる時戒名だけでなく故人様の名前のほうが心にしっくりくるとしたらそれはそれでかまわないのでは…。

法事参加の方々に心を浄化し仏陀の御前に仏になられた往生人をお迎えし、更に声をかけて、お参りするものであります。
終活と言われるのは残りの暮らしを『どんな感じに生きたいか』と考えられる望みを実施すること、余生の終わりに向かってエネルギッシュに計画することで、満足する生きる活動です。
往生人の家の整頓浄化、残品の措置とかの遺品生理は、旧来ファミリーの方の牛耳るという意識が通常でした。
普通の列席者はご家族の後ろ側に座り到着した順番にご遺族の背後に着席して、もらえますと、負担なく誘導できます。
葬儀を下準備する人は遺族総代、地域の会長や関係する共同体、会社の関係者など、信用の高い人の助言を照らし合わせて進めるのがいいと思います。

斎場(公営・市営・民営とあります。東京では臨海斎場 予約、大阪市では大阪市立北斎場が有名です)とは従来古来神道用語で典礼や儀式を行うところを位置付けしましたが、今日この頃では、転じて集中的に葬儀・告別式を執り行うことが望める施設を指します。
ふたおやに家財がないから進呈は関わりない、わしは何も賜る所存はないので資産分割は関係ない、と取り違えをされる輩が多めに存在するようです。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は関東各地に建てられ駅からも近くて手を合わせるのに便利なお寺や喧騒から離れた、落ち着いた寺まで、選択の幅は豊富です。
本当ならお亡くなりになられた人に添付される呼び名ではなく、仏道修行を慣行した、出家者に渡されるものでしたが、ここへきて、特定の儀式などを、実感した一般人にも、渡されるようになっています。
いかに他人から聞いたような本に記されているみたいなこの部分が良いとされる場所にしてもいつもお参りできない手を合わせられない、といったエリアでは、無意味だと考えられます効果がないと思われます。

実際に来た人を数人くらいお願いしていかほどのスケールのお葬式をすることを選択したり、亡くなった人の信仰を配慮し、どんな感じの葬儀式を執り行うかを発注します。
地域密着が伝統的という葬儀店がたくさんですが近頃はご家族の思いを大事にする業者など、個性をいかした、葬儀社も見られます。
四十九日法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)は場所の準備や本位牌の支度など事前準備をする方が多くいて、(いつまでに何をやるのか)着実につかんでおく必需でしょう。
且つ会場へ泊まることが簡単ではない場合、地方からの参列者のホテルの準備をしたり、貸衣装や身繕いなど、葬儀では様々ないきなりの難問題が起きます。
ご自宅で身内だけの法事をされる時戒名だけでなく故人様の名前のほうが心にしっくりくるとしたらそれはそれでかまわないのでは、無いのではないかと考えます。