仏式では安置するのは北枕ですがご遺体安置の手段は仏式以外の神式…。

身内と一部の限られた人々を招待して、お別れを行う、催しを、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」と呼ぶようになり、現在では、定番になって、まいったそうです。
波風を立てることのない葬儀を考えていながらも派手な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や華美な演出を提案される場合は、葬儀業者の考え方が、そぐわないということです。
仏様や仏師に対する十分な情報が明記されており仏像の見解仏像の彫り方、名高い仏師掲載、仏像のシリーズ、所得方法、仏像とは何?魅力は?様々です。
無宗教のお別れの式は自由にできる反面それなりの台本を用いる、条件があり、ご要望や想いをもとに、お見送りの会を作り上げる、流れが通例です。
いかに第三者から聞いたような書物に書いてあるみたいなこの点が良いとされる場所にしてもいつもお参りできない手を合わせられない、みたいなエリアでは、無意味だと考えられます意味がないと思います。

一日葬とは本来は前夜に通夜式を行い、次の日にお葬式と二日またぎで取り仕切られるお葬式を、通夜をしないで一日で達するお葬式形態です。
現代ではお寺は葬式や法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)でお経を読む人という感じが強いですが、旧来先生とはお釈迦様の言葉や、仏教などを間違いなく理解しやすく、言葉にするのが使命なのです。
祭祀はお寺の坊主による授戒(仏門に入る人に戒律を授けること)と引導(死者を彼岸に導く)を行う仏事行事で、通常では親類が参加していました。
禅宗のお寺などにお勤めした体験のある人だったら存じると思いますが、本堂に飛び込むと、奥の菩薩を安置されてある壇や僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)が祈祷するための壇があるようです。
火葬にあたる仕事の人は大正から坊主が民間の中に入り道の隅に放置された死体を集め、慰霊して火葬したことがきっかけとして、『オン坊』と呼ばれるようになったのだろう。

まだまだ若いころに両親を遺失したので祭祀は無知で、逆に質問する血縁者もいないので、一周忌といっても何をしたらよいのか不明だと思います。
具体的にいうとお葬式の会場一つにしても一流ホテルの式場が良いという方もいれば、寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の荘厳な雰囲気の中で、お見送りを希望する家族もおられると思います。
お葬式や法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)などでお礼を包みますが寄付の渡し方や表記の書くマナーなど基本はあるかな?
仏式では安置するのは北枕ですがご遺体安置の手段は仏式以外の神式、キリスト教などの、各々の宗教や宗派によって習わしが変わります。
更に想定外の場合は以前から相談を、していた葬儀会社に葬儀を頼むことができますので、実際にというような時も段々と接することができるはずです。