後飾りは葬儀を終え祭壇(祭壇とは…。

長い期間用いられていた仏壇にはキズや汚れの固着木地の傷み金具の劣化、彫刻の欠け金箔のめくれ、にて、見た感じが悪くなります。四十九日の忌明け法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知る…

葬儀式はお寺の宗教者が授戒(仏に入る者に戒律を授ける)と引導(仏を彼岸に導くこと)を行う習わしで…。

「葬儀お坊さん」という言葉も「葬儀・法事にしか携わらない僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」を小ばかにしただ…

終活って最後の生涯を『どういった具合に生きたいか』と考えられる考えを形にしていくこと…。

祖先に関するお参りですので親族でやる方が、ベストだと思いますが、いくつもの事情で、実施できないケースには、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしなが…

斎場(公営・市営・民営とあります…。

ほとんどの遺族はお葬式を行った経験がないのでお金はどの位かかるのか不安葬儀屋さんに連絡する前に世間一般の知識を知りたい、と不安を感じるそうです。逝者の住居の身辺整理汚れ落とし、残骸の処理などを含んだ遺品生理は、旧来ファミ…

古くから地域密着といった葬儀店がたくさなりますが近頃ではご家族の思いを大事にする業者など…。

元々身近な人の手で施すことが通例だったゼネラルだった遺品処理ですが、多事多忙だったり、遺品整理する家が遠地だったり、近親者では行えないのが問題です。自発的に記した遺言ノートも場所を誰も知らなかったら無意味なので、信頼出来…