本人のお葬式や葬送の手段として生前から決めておく事を願望として持つ方家族と相談して決めたりエンディングノートに書き残した人もいます…。

幼稚園の時に両親を亡くしてしまったので祭祀は知識が少なくて、かつ相談できる知り合いもいないので、三十三回忌といっても何を行ったらよいのか分かりませんでした。揺るがない定義付けがない『家族葬』という言い方ですが、主部に家族…

後飾りは葬儀が終了して白木祭壇を片付けた後に遺影・遺骨・ご位牌などを法事まで自宅に安置しているための祭壇のことをさします…。

昔は通夜に施主の謝辞はなかったですが、近頃は通夜に参加者が増えていて、口上を言われる方も多くなりました。家族葬には明瞭な原義はなく親族を主体に、付き合いの深い人など故人と交際の深い人が集合しさよならを言う少ない人数での葬…

一日葬とは本当は前日に通夜式の法要を行い…。

この日まで葬送業界を中継ぎに寺院と大衆はやっとのことで繋がりを持ってきたが、そのお葬式においても、宗教離れが始まった。一日葬とは本当は前日に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀・告別式と二日間に渡り行われる葬儀を、通夜なしで一…

お仏壇とはイメージ通り仏様簡単にいうなれば如来様をお詣りする壇の事を意味しその事に加え近年では…。

病院で死んだ場合霊安室からいち早く退去する事を求められる事態も多々あり、お迎えの霊柩車を発注する絶対です。葬式の動きや実施するべきポイントと言うのは葬儀業者が教えてくれますし喪主のお礼の言葉も定型文があるので、それに少々…

死人を弔い葬り去る場が死者を傍に置いての家族間の争いの場に変わりそこで亡くなった人を弔っているのは誰なのだろうか…。

過去にはお墓というものは明るくない感じがすると言われていましたが、今日日は公園墓地などといった明々な墓園が基幹です。死人を弔い葬り去る場が死者を傍に置いての家族間の争いの場に変わりそこで亡くなった人を弔っているのは誰なの…