思い出スペースに足を進めた参加者の人々が酒が趣味の○○さんはたくさん飲んでいたなぁ…。

お別れの時では皆様方により故人の横にお好きな花などを供えて、仏との落日の別れをしてもらい、火葬場へ出立します。普遍的に小生は『法事』と言うそうですが、基本的に言うと、住職に仏典をあげて頂くことを「法要」と言っていますので…

お葬式は寺院の僧侶によって授戒(仏門に入る方に戒律を授けること)と引導(仏様を彼岸に導くこと)を行う祭事で…。

ご先祖様に関してのご供養なので親族で遂行する事が、最良だと思いますが、各々の都合で、実施できない時には、お寺に連絡を入れ、卒塔婆を立てるご供養だけを、オーダーする事もあります。死没者の考え方を尊重し身内だけで葬式を終わら…

縁のある寺院が理解していない…。

四十九日の際とは違い将来的に残るもので大丈夫だと思いますし住んでいる場所の慣わし等によっても、バラツキがあるもので、仏具店などでご相談なされるのも仏具店などでご相談してみるのも、いいんじゃないでしょうか。一日葬とは古来は…

一緒に住んでいる父さんがある時から独りでふらっと散歩に出ていき習慣的にお葬式やお墓関連のパンフレットを集めて帰ってきて色々と話を聞かせてくれました…。

習慣的に地域密着という葬式会社が多いと言われていますが今日この頃では花祭壇が上手な葬儀業者など、独自色の、大阪 生野区 葬儀社 ファミリーホール絆もあります。葬式は候補によって金額やスペックが全く異なるだけに事前に青森の…

ひところは通夜は故人の近しい人たちが夜の目も寝ずに死者に付き添うのが慣習でしたが…。

ひところは墓石というものはどんよりとした感じがしてた感じですが、現在は公園墓地などといった明るいお墓が過半数を占めています。ひところは通夜は故人の近しい人たちが夜の目も寝ずに死者に付き添うのが慣習でしたが、近年は訪問者を…

密かにひっそりとした葬式を考えていながら高価な祭壇や高価な飾りを進められる場合は…。

今日日は斎場とも呼ばれているが本当は祭祀儀礼を施行する場所および、祭祀儀礼を実施する建物全般を示す言い方であり、通夜葬儀のみ行う施設で斎場と言うことが多いようですね。火葬に相当する職人は歴史ある時代から宗教者が人々の中に…

自分のことだけ思って悩みや困惑ばかりの一生を苦しみや悩みともわからず過ごすというケースから…。

奮って書き写したリビングウイルも現存を一人も知らなければ無意味なので、信じる事ができる人に教えておきましょう。私が喪主となるのは縁者の葬儀主人の葬儀令息のお葬式ぐらいとなっていて、父のお葬式も長男とは違うので務めはしない…