今までは通夜は故人の深い関係の人達が夜の目も寝ずに仏の傍にいてのが一般的でしたが…。

今日まで葬祭関連を斡旋に寺院と民間人は紙一重で接点を持ってきたが、その仏事においても、仏事行事離れが始まった。まだまだ若いころにお父さんを失ったから祭祀は知識が少なくて、それから質問する親戚もいないから、一周忌といっても…

葬儀と告別式とは本来分けて行うもので仏教の儀式では最初に宗教者による読経などをされ…。

何年もの間用いられていた仏壇にはキズやシミの付着木地の腐食金具の腐食、彫刻の欠け金箔の擦れキズ、にて、印象が低下します。この年まで葬儀文化を仲立に寺院と民間人は何とか繋がりを持ってきたが、その冠婚葬祭においても、坊主離れ…

祭祀はお寺の僧侶が授戒(仏門に入る方に戒律を授ける)と引導(仏を彼岸に導くこと)を行う儀式で…。

お別れの瞬間は各位により故人と一緒にお花を供えて、故人との現世の別れを行ってもらい、火葬場へ行きます。親族や親類への心の声を告知する帳面として、そのうえ自身のためのデータ清算帳面として、年齢を気にせずリラックスして記録す…

静かでコンパクトな葬式を考えていながら高価で派手な祭壇や飾りを提示された場合…。

他にも予想外の際は前から相談を、していた葬儀会社に葬式を要請することが出来てしまうので、本当に起こり得る時もゆっくりと適応することが可能でしょう。葬儀をお膳立てする人は家族名代、自治会の代表や関係する会、会社の関係者など…

身内と一定の人達限定でお招きして…。

思い出スペースに足を進めた参加者の人々がお酒好きなご主人はとにかく召し上がっていたなぁ、と話されるのを聞いて、ご遺族はビックリされていた。浄土真宗のお寺などにお詣りしたことがある人ならば周知だと思っていますが、お寺に入堂…