一日葬とは元来は前日に通夜の仏事を行い…。

実際的に参列した人を何人かお呼びしていくらくらいのクラスの葬式を行うのかを決めたり、故人の思いなどを配慮して、どのような形の葬儀式を行うかを選択したりしていきます。斎場とは従来神道の専門用語で典礼や儀式を行うところを定義…

本人のお葬式や葬送の手段として生前から決めておく事を願望として持つ方連れ添いと話し合いをしたりエンディングノートに書き残した人もいます…。

火葬にあたる職業従事者は古い時代から私度僧が人々の中に入り込み道端に放置された遺体を集め、鎮魂して火葬したことがきっかけとして、『オン坊』と言われたのだろう。そのうえお墓の形も最近ではバラエティ豊かで一昔前では形がだいた…

逝者の現場の整理掃除…。

ひとり親に私有物がないから進呈は関わりない、こちとら何も賜るつもりがござらんので財産相続は関係ない、と取り違えをする輩が多めに存在するようです。葬儀場から弔辞を依頼した方になるまで、要望すれば些細なことまで記す事が出来る…

浄土真宗ではどこの聖人を本尊と理解しても全部菩薩に結びつくとした経典でありますが…。

仏の考えを尊重し親族だけで葬式を終わらせたところ葬儀式に参列できなかった人が、手を合わせに頻繁に自宅へ、訪問してくださいます。葬儀セミナーや終活セミナーや葬儀式典見学会などをしているから、第一はそれらに訪問してみることを…

終活というのは最後の余生を『どんな感じに暮らしたいか』と考えられる考えを実施すること…。

そこそこの葬儀を行うのであればどうしても一定以上に強いられてしまいますが、様々な算段で、概略100万は、食い止めることが可能です。筆者らしい往生を迎えるためにあなた方が怪我や事件で健康を害したり不具合で啓示出来なくなって…

死人を弔い葬り去る席が死者を傍に置いての家族間の争いの場に変わり故人を弔っているのはいったい誰なのだろうか…。

家族代表はお通夜・葬儀の実際のところの窓口となり広範の役割分担はご参加いただいた方への挨拶、などがございます。死人を弔い葬り去る席が死者を傍に置いての家族間の争いの場に変わり故人を弔っているのはいったい誰なのだろうか、と…